【インドネシア津波】クリエイター×ミライッポ募金の緊急災害支援

\ 2019年2月1日に活動報告を更新しました。/

AID by Creators!

予測しきれない地震や津波などの自然災害では、必要な時に資金が足りず、被災地や被災した方々は、なかなか元の暮らしに戻ることができません。
近年、地震が多い日本では、被災地がニュースに取り上げられるたびに、まだ復興が進んでいない状況を心苦しく報道されています。
被害甚大なインドネシア津波で避難されている方々に、少しでも心の支えとなれるよう、ミライッポ募金では、緊急支援活動のプロジェクトを開始しました。


クリエイターのイラストを使った商品の売上の一部をインドネシア災害支援の活動へ寄付します。
寄付金は、いち早く被災地での緊急支援を開始したA-PADインドネシア参画のNGO「ACT(Aksi Cepat Tanggap)」を通じて支援活動に使われます。

参加クリエイター紹介

今回、ミライッポ募金では、クリエイターの“作る”を応援する「CREPOS(クリポス)」に登録しているクリエイター7名に参加いただきました。
また、ミライッポナビゲーターのももちゃんも参加いたします。
クリエイターのイラストで被災地を応援する活動へ、みなさまの温かいご支援をお願いいたします。
※画像はサンプル段階です。


■谷口亮

2頭身のかわいらしいキャラクターを得意とするイラストレーター。2020東京五輪のマスコットキャラクターを担当。
日本猫のかわいいキャラクター「ヌヌコ」とミライッポのロゴのコラボイラストで参加いただきました。
http://ryos-w.com/nunuko/author/


■前田ムサシ

漫画家。コミックエッセイ『フィリピン妻4コマ日記』など出版。
LINEスタンプで販売中のおやじ麻呂の描き下ろしで、参加いただきました。
http://maedamusashi.com/


■ebika!

地元岩手のお土産雑貨などのイラストレーター・デザイナー。
エコペン(エコロジーペンギン)のキャラクターでは、個展やオンリーイベントを開催しており、今回、エコペンとインドネシアの国花でもあるジャスミン、インドネシアの「幸運のヤモリ」トッケイをあわせたデザインで参加いただきました。
https://ecopen.yanagies.com/


■ふじもとめぐみ

「スイキャラ」の作画・まんがを担当。こぶたちゃんが大人気のイラストレーター。
幅広い世代に人気!SNSやTikTokでおなじみのこぶたちゃんで参加いただきました。
https://motitata.jimdo.com/


■カモ

多数のイラストレッスン本の著書あり。ボールペンイラストの講師として国内外のメディア出演、イベント・ワークショップ開催。
インドネシアでもイベントを行った経験があり、今回描き下ろしで参加いただきました。
https://kamoco.net/
@illustratorkamo


■あや缶

弊社が運営する複数のアプリ・サイトでは、欠かせない人気イラストレーター。
LINEスタンプや絵文字の販売、デコメ素材・待受け・絵本など毎月多数のイラスト制作をメインに活動中。
今回、あや缶さんオリジナル、かわいいネコのキャラクターの描き下ろしで参加いただきました。
https://ayacan.jimdo.com/


■cake

装丁、挿絵、WEB用のイラストなど幅広く描いているイラストレーター。
上品かつ煌びやかなテイストが印象的で、今回ピンクを基調としたガーリーなイラストで参加いただきました。
https://www.cakeillust.com/


■ももちゃん

ミライッポのナビゲーターキャラクターももちゃんも待受やグッズにて参加します。
ももちゃんグッズは今回が初!

クリエイターと被災地の支援を行う活動は、ミライッポ募金にとって初めての試みです。
クリエイターのみなさまと共に、私たちができることは何か、常に考えながら、クリエイターの作品の力で支援してまいります。どうぞご支援のほど、よろしくお願いします。

インドネシアの被害状況

12月22日21時27分(日本時間23時27分)、インドネシア西部のスンダ海峡にある火山の噴火が引き金となった津波の影響により、ジャワ島西部バンテン州パンダグランやスマトラ島南部のランプン州南ランプンなどで甚大な被害が発生しました。
そして津波発生から1週間が経ち、死者・行方不明者は500人を超え、2万人以上が避難所などに身を寄せています。
津波の引き金となった近くの火山は噴火警戒レベルが引き上げられ、新たな津波も心配されます。(12月29日時点)


発災直後から行方不明者の捜索や救助、救急医療などに尽力するA-PADインドネシアと現地NGO「Aksi Cepat Tanggap(ACT)」は、ボゴール県マウントシンドールにあるインドネシア人道センター(IHC)の倉庫から20台の救援トラックを派遣し、12月28日から津波被災地のランプン州南ランプン県のKaliandaとRajabasa地区で食料品、水、衣服などの支援物資を配布しています。

また、ACTはシェルターの建設や漁業関係者へ100隻の漁船を提供するプログラムを開始しているほか、被災した各地で「ACT Humanity Store」を開設し、避難者のニーズに合った食糧を届けられるよう準備を進めています。
同時に「Warung Wakaf」という現金給付のプログラムを通じて、避難者が少しでも必要な支援にアクセスできるようサポートしていく計画です。
今回の支援金はこの活動や活動を維持するための資金として使われます。

リターンのご紹介

今回、7名のクリエイター様とももちゃんの待受やグッズを展開いたします。
1,000円コース ミライッポ限定待受
6,000円コース 限定トートバッグ
10,000円コース 限定Tシャツ
15,000円コース 限定クッション
30,000円コース ★お得★限定グッズセット

支援方法について

今回、複数のキャラクターによりたくさんのグッズが展開されます。
欲しい商品とクリエイターを選んで支援できます。
各グッズでの支援につきまして、決済画面にて、該当するものを選択してください。
※クレジットカードでのお支払いの場合、確認画面に遷移しないので、間違えがないよう十分にご注意ください。メールには、記載されます。
①谷口亮(ヌヌコ日和×ミライッポ)
②前田ムサシ(おやじ麻呂)
③ebika!(エコペン)
④ふじもとめぐみ(こぶたちゃん)
⑤カモ
⑥あや缶
⑦cake
⑧ももちゃん



ご支援金は迅速に支援活動資金として利用させていただきます。
皆さまの温かいご支援お待ちしております。