インドネシア活動報告

ミライッポのTwitterアカウントでは、モーメントにインドネシアの情報をまとめています。

Aコース支援者には、先に待受をプレゼント!
随時配布いたしますので、楽しみにお待ちくださいませ。

※支援したのに届いていないという方は、ご登録メールアドレスを今一度ご確認のうえ、
「 toiawase@miraipo.jp 」もしくはサイトのお問い合わせよりご連絡ください。

他の待受が欲しい方は、こちらから選択ください。

他にも多数グッズを展開中!
欲しいグッズをGETして、支援活動を一緒に応援しましょう!

A-PADインドネシア参画のNGO「ACT(Aksi Cepat Tanggap)」から現地の情報を提供いただきました。

スンダ海峡周辺の津波は、アナク山クラカタウ山の噴火の後に発生しました。数十人が死亡し、数百人が負傷したと推定されています。何百もの建物への損害は避けられません。

深刻な影響を受けた地域は、パンデグラン、Serang、および南Lampung地域の集落および観光スポットでした。
災害にさらされている地域は非常に広範囲であると考えられており、いくつかの地域ではまだ孤立しています。

緊急時対応は継続しています。
緊急事態対応状況と緊急事態対応の組織構造、役職の設置、公共の厨房などがまだ準備中です。
重機も避難や緊急修理を支援するために展開されています。


南ランプンの海岸を襲った津波の生存者の子供たちの中には、家を失くした子もいました。
子供たちは、今もなお、トラウマに苦しんでいます。

ACTは南スマトラのインドネシアボランティア協会(MRI)として活動しているボランティアの学生たちと一緒に、子供たちと朗読するなどの活動をしていました。
多くの親は、子供たちのトラウマがなくなるような活動をしてくれることを願っています。


津波によるスンダ海峡漁船の被害は、地域社会の経済的連鎖に影響を与えました。
Dedi Saefullah WellのFish Auction Place(TPI)によると、津波災害がSumur地区を襲った後、何千人もの人々が仕事を失いました。
船や海図は、損傷・破損しており、選別、清掃、魚の調理などのすべての魚の加工をしていたソボン海岸でも仕事ができなくなり、何百人もの魚加工企業家が失業してしまいました。

震災から数日後、政府とボランティアの援助に頼りましたが、津波から1ヶ月を過ぎた今でも、Sumur地区の沿岸漁師の経済生活はまだ麻痺しています。
ウジュン・クロン国立公園への副地区ゲートで船を修理するために、多くの漁師が一緒に働いているそうです。


参加クリエイター7名より、今回のプロジェクトへのコメントをいただきました。


谷口 亮
今回インドネシアの支援金プロジェクトということで参加させていただきました。
ここ数年国内外あちこちで災害の話を聞きますが、自分の描いたキャラクターがこういった形で少しでもお役に立てるのでしたら、これからも積極的に参加していこうと思っています。

前田 ムサシ
縁あって今回のプロジェクトに参加させて頂くことになりました。ボク自身、海外の災害に目を向ける機会となりました。ボクのイラストが少しでもお役に立てればうれしいです。 ボクが描いたおやじ麻呂と一緒にプロジェクトを盛り上げていきましょう!インドネシア津波災害支援にぜひご協力をお願いいたします。

ebika!
今回のイラストには、復興への願い・早く幸せが訪れて欲しいという思いから、インドネシアで幸運を呼ぶと言われているトッケイヤモリを描きました。
日本の幸運の象徴四葉のクローバーも入れ、その思いがインドネシアの方が見ても、日本の方が見ても幸せの象徴だとわかるようなイラストにしました。

ふじもとめぐみ
インドネシアでの被害を知ったとき、とても衝撃を受けました。心を痛めてしまったかたに寄り添えるあたたかい作品をと思い、やさしくぎゅっと抱きつくこぶたちゃんのイラストを描かせていただきました。 イラストを見たかたの気持ちが少しでも楽になりますように。これ以上被害が大きくならないことを心から願っております。

カモ
2016年からイラストの講師としてゼブラインドネシアさん主催のワークショップ・イベントで計5回インドネシア各地を訪れています。
穏やかで優しいインドネシアの皆さん。
少しでも皆さんのお力になればと思い、今回のプロジェクトに参加させていただきました。
インドネシアの方は猫好きが多いので猫のイラストを、国旗カラーを使って描きました。
穏やかな日々が戻りますように。Terima kasih. illustratorカモ

あや缶
写真や映像などを見る度に、大変悲しい気持ちになります。
ほんの少しでも力になれたらと、お星さまに祈りをこめるような気持ちでイラストを描きました。
被害に遭われた方々が一刻も早く穏やかな日々を取り戻せることを、心より願っております。

cake
この度、ミライッポさんのインドネシア津波災害支援の募金にフラミンゴのイラストで参加させて頂きました。
現地の皆様はとてもお辛い思いをされているかと存じます。
幸運をもたらすフラミンゴのモチーフをイラストに込めました。
少しでも心が軽くなりますように、1日でもお早い復興に繋がることを願います。

ご支援・応援をよろしくお願いします。